ペペロンチーニ

★こだわり『スパゲティ・ピザの専門店』 
PEperoncini。casareccio。(カザレッチョ)
イタリア語で「自家製!家庭的!」の意味

★家族の一員!愛犬とご一緒に!
PEperoncini。Bau。Bau(バウ。バウ)
イタリア語で「ワン!ワン!」
<< わんことBBQ | main | わんことラブリー犬服♪ >>
ジャーイの送別会
 もう覚えてくれた方も多いのではないでしょうか?
ジャーイの事。

そのジャーイが約1年間の留学を終え、あと10日ほどで帰国します。
先日ロータリークラブ主催で送別会をしていただきました。



来たばかりの頃とは比べものにならないほどの日本語で、感謝の気持ちを伝えたジャーイ。
その姿があまりにも立派で、胸が熱くなりました。



ジャーイの気持ちはちゃんとみんなに伝わったよ。

4軒の家でホストをしたのですが、それぞれの家でそれぞれの習慣があり
それぞれの決まり事があり・・・
ジャーイにとって、貴重な経験ができたと思います。
これからの人生において きっと強みになってくれることでしょう。




我が家には、ご存知の通り高校生の娘がいて、そこに同世代の男の子が同じ家で暮らすなんて〜と、初めはどうなることやら!と思っていたけど、そんな心配は初日からすっかり取り払われました。
ジャーイも自然体だったし、何より娘がまったく構えることなくあけっぴろげだった事。
これには救われました。
それを見ていて私も改めて、何も構えなくたっていいんだ!と実感しました。
そんなこんなで、ジャーイとの生活は気楽で楽しいものでした。
リビングで寝そべってマンガを読んでたり、ソファーに足をあげてPSPでゲームをしている姿をみると、我が家が本当の家のように落ち着ける場所になってるんだな〜と思えてすごく嬉しくなったりしました。
お腹を壊した時、弓道の試合の時、雨降りの朝、テストの日。
本当の息子と同じように心配し、喜び、応援し、ドキドキし、・・・・
毎日が充実した日々でした。
それが、あと10日!と思うとさびしくてなりません。



せっかくめもり(娘)とも本当の兄妹のようになれたのに・・・

台湾に帰っても日本での事を時々思いだしてね。
そして、
ジャーイ、いつでも帰っておいで。
ジャーイ、私達はいつまでもあなたとの暮らした日々を忘れないよ。

ジャーイ、ジャーイ、私の息子ジャーイ。

ありがとう。






| chisa | プライベート | 09:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
あと、10日か・・・7が帰って来る前、10日頃になると、切ない気持ちでいっぱいで胸が押しつぶされそうになっているのを痛いほど感じていました。今、まさにジャーイーがそんな気持ちなのかなあ・・・。ジャーイーが寒河江をどう感じたかはわかりませんが、私はありがとう・・・って心から伝えたい。
| はんぎょり〜な | 2013/07/05 4:30 PM |
昨日の夜、休みだったM来もジャーイと一緒に食事して色んな事いっぱいしゃべって、ジャーイったら話が止まらなくなって〜
ほんとに本当に穏やかで楽しい時間で・・・
家に帰ってからも2人でゲームしたりして・・・
アロにかまってじゃれてみたり・・・
パパと冗談ばっかり言って大笑いして・・・
そんな当たり前の光景がものすごく嬉しくって〜
あ〜どうしよう。
あと10日。
私の胸も苦しくなってきちゃったー
| chisa | 2013/07/05 4:46 PM |









http://blog.peperoncini.info/trackback/1426306
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

このページの先頭へ